広告代理店がブラック企業である理由

昨年、某広告代理店が「ブラック企業大賞」を受賞したことが話題になりましたが、私は以前に広告代理店で働いた事があり、その実態が何となくわかります。

私が働いていた広告代理店は、「ブラック企業大賞」を受賞したその企業とは異なりますが、広告代理店のような企業での労務が如何に過酷かという事は、この身をもって味わいました。

広告代理店の何が一番苦しいかというと、エンジニアがプロジェクトのほぼ全てを担う事になるため、エンジニアの仕事の責任の重さが、生半可ではないという事です。

しかも、エンジニアは社の代表としてクライアントと向き合うため、クライアントからの要求や指示がほぼ全てエンジニアに集中します。

そしてそれは、四六時中いつでも応対する必要があり、会社は「対応しろ」というだけで助けてくれない事が殆どです。

つまり、広告代理店のエンジニアには、仕事上の逃げ場がないのです。

これはあの某広告代理店だけに限った事ではなく、広告代理店はどこも似た様な体制である事が多いです。

実際、筆者の働いていた広告代理店も、似た様な体制の会社でした。

つまり、あの某広告代理店は有数の大企業であったために、事が大きくなってしまったものの、広告代理店が「ブラック企業」であるその実体は、業界そのものにあると言えます。

恐らくは明るみに出ていないというだけで、もっと酷いブラックな広告代理店は世の中にゴロゴロとあるはずです。

業界の体制が変わらない限り、似た様なブラック企業は無くならないのではないでしょうか。